2006年02月26日

今だから見せられる・・・

クリックすると大きくなるから、ぜひぜひ大きくして見てみて〜わーい(嬉しい顔)


CIMG0129.JPG くわぁぁぁぁ〜〜 


きょえぇぇぇ〜〜 gon1.JPG 


ごん太くんっておじい顔でしょ〜ふらふら


上下なんて
「千と千尋の神隠し」で「汚れ神様」がお風呂上がったら
「ぷっふぁ〜ー(長音記号2)」って出てきた顔!!
えび母はあれに似てる!!って思ってたんだけど、どう?!


gon2.JPG



よく転がってたね〜顔(イヒヒ)

gon.JPG


ニックネーム えびちゃん at 02:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

最後の出産

2年前の2月21日

ようやくごん太を産み落とし、さぁ! あとは最後の1匹だ!!

何も1分1秒を争って初乳を飲ませなくてもいいことを学習したえび母。
また最低2時間はかかる覚悟で、気持ちを新たに出産介助に臨みます。


・・・・と、思ったら、きくさんすぐに陣痛が始まり・・・
なんともすんなり4匹めを無事出産ぴかぴか(新しい)
もしかすると、ごん太くんが産道を広げておいてくれたお陰かもしれない?!
へその緒も今度はばっちり噛み切って、全てがパーフェクト!!


きくさん 第四子 2月21日(土)5:45  260g 無事誕生ぴかぴか(新しい)
「A−MAPLE(メープル)」= チョコくんぴかぴか(新しい)
 メープルは「カエデくん」
 カナダのシンボル、メープル。甘いシロップにもなるし丈夫な木。
 強く大きく育ってほしいから

実は何気に一番大きかったチョコくん犬(笑)CIMG0088.JPG


とうとう4匹揃ったよハートたち(複数ハート)CIMG0089.JPG

   
  右から ごん汰くんかわいいチョコくんかわいいはな様かわいいメイちゃん
    4-2.JPG


20日の20:00くらいから始まったきくさんの出産は、
なんと約10時間にも及んだのだがく〜(落胆した顔) これって安産なの?! 難産なの?!

えび母がすべての片付けを終えたときには、もう朝になっていた晴れ
えび母は、緊張と暑さと独特の臭いで、ガンガン頭痛がするよ〜〜顔(泣)


でも、何よりがんばったのはきくさん!!
お姫様のように大事に育てられ、甘えん坊の子供みたいだったきくさんが
こんなすごいことをやったのだ。
このときのえび母は、とにかく夢中で「感動」なんてするヒマもなかったけど
今、改めて思い出すと、きくさんのがんばりと、
きくさんの母性の強さに、なんだか涙が出そうだよ顔(泣)

きくさんの顔がお母さんになったよ CIMG0067.JPG

          4.JPG


「きく、ありがとう!! 疲れたでしょ。少しゆっくりおやすみなさい」

4-3.JPG


でも・・・寝返りうって赤ちゃんつぶさないように気をつけてね顔(イヒヒ)





ニックネーム えびちゃん at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

ごん太くん出生の秘密

2年前 2月21日

第二子まで2時間ペースで出産したきくさん。

また陣痛が始まったものの、今度は一向に出てくる様子が見られない。
2時間経って、真夜中だけど獣医さんに電話をしてみた。
「もう少し様子を見ても大丈夫」って言われたけど、
「もう少し」って表現って難しいよね?!
10分なのか1時間でも2時間でも平気なのか?

3時間経って、また先生に電話をしてみる。
「緑のもの(胎盤)が出てこなければ大丈夫」とのことだけど、
もういい加減心配も頂点!!
きくさんの呼吸もずっと荒いままだし、このままじゃきくさんも心配・・・

なんてやってるうちに「大変っ!!! みどりっ!!がく〜(落胆した顔)
ほんの少しの緑の液体だったけど、心配の限界を超えたリーダーとえび母は
「緑が出てきました!! 先生見てくださいっ!!」ってお願いして
きくさんを病院に連れて行くことにしたのだ。

えび母、気持ちはもう泣きそう顔(泣)
きくさんが死んじゃったりしたらどうしよう・・・そんなことまで思っちゃったりして・・・

車に乗せる前にきくさんのお尻を見てみると、
もう「水風船の羊かん」が見えてきている。
ここで産ませるより病院の方が安心だからと、
カドラーごときくさんと2匹の子供を車に乗せた。
病院までは飛ばせば15分くらいの道のりだけど、すごくすご〜く遠く感じられた。

「きく、もう少しだから。もう少しだけ産むのをガマンしてくれぇ〜〜」って
出てこないからツライきくさんに、無茶なお願いをしながら病院に向かう。

先生も自宅から奥さんと共に病院へ駆けつけてくださり、すぐに診てもらった。
先生はなんと、自分の手をきくさんの中に入れて
グリグリと子供を引っ張りだしているではないかっ!!顔(なに〜)

「きく、がんばれっ!! もう一息だっ!!!!」

先生に介助されながら、一気に赤ちゃんが産み落とされた。

「!!!!!」
「でかいっ!!」

つい驚きの声が漏れてしまったほど、今度の子は見た目にもかなり大きかった。
だからなかなか出てこなかったようだ。


それが、
きくさん 第三子 2月21日 4:30 251g ごん太であ〜る!ぴかぴか(新しい)
「A−BAMBOO(バンブー)」 
 バンブーは「竹ちゃん」
 竹のようにすくすくまっすぐに育ってほしいから


        CIMG0068.JPG

ちなみに名前に込めた願い通り、バンブーことごん太くんは
すくすく成長し、とても素直な子になってくれている揺れるハート

病院から帰ってきてようやく初乳にありつけたごん太くんかわいい

        CIMG0047.JPG


CIMG0048.JPG やっぱり大きいexclamation


産まれる前からきくさんを苦しめたごん太くん。

ただ・・・彼の名誉のために言っておけば、
8つあるきくさんのおっぱいが張ってしまったときは、
いつでも彼と、この後に産まれて来たチョコくんが吸い上げて
乳腺炎になるのを防いでくれていたのである犬(笑)
・・・要は、そのぐらいすごい食い意地だったんだけどね顔(ペロッ)
まぁ、彼なりの母への恩返しだったのだろう・・・



続きを読む
ニックネーム えびちゃん at 02:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

メイちゃんママへ捧げます♪

2年前の2月20日

「犬は安産」
一度陣痛が始まったら、ポロリポロリと次々産まれ出てくると思っていた。
ところがどっこい、1匹ごとに陣痛があるわけで、4匹となると
4回のお産を繰り返し行っている状態。

第一子を産み終え、きくさんちょっと小休止。
その間、きくさんには水を飲ませたり腰をさすってあげたりしながら、えび母は考えた。
さっきは「もしかしてきくさんが子供を食べてしまうんじゃないか?」という
訳わかんない発想の元に、えび母手伝いすぎたかも?!顔(汗)
今度はもっときくさんに任せてみようひらめき

  余談ではあるが、はな様誕生で興奮しすぎたリーダーは
  「ぼく、ちょっと寝てきます。 なんかあったら起こしてね顔(笑)
  ・・・・って・・・・ちょっとぉー(長音記号1)Bad
  まぁ、何が出来るわけでもないからいいんだけど、
  とことん睡魔には勝てない奴である顔(汗)


そして2度めの陣痛が始まった。
「始まったよぉ〜」とリーダーを起こしに行くと
「よっしゃぁグッド(上向き矢印)」って・・・なんて寝起きのいい奴だ顔(汗)

様子は第一子の時とほとんど同じ。
取りあえず無事に産まれ出たぴかぴか(新しい)

「さぁ、きくがんばって!!」

きくは一生懸命舐めながら、膜をうまく破いた。あとはへその緒。
ちょっと心配だけど、見守ってやるとちゃんとへその緒を噛み切ったGood
「うわぁ〜〜、かなりお腹に近い位置で噛み切っちゃってるよ・・・」
それがちょっと気になったから、取りあえず無理やり糸で縛ってあげて・・・

「リーダー!! お風呂に入れるよ〜! お湯持ってきてぇ〜!!」
「はいっ!! お湯!!」
「・・・って、これはさっきはな様が使ったお湯じゃない?!
しかも!もう冷たくなってるしぃ〜!!ちっ(怒った顔)
リーダー、えび母に怒られる爆弾

きくさんは2匹めを産んでからの方が、がぜん母性が強くなったようだ。
お湯に浸からせてドライヤーを充てる間、
ずっとずっと気になって気になってしょうがない感じ。
「早く返して!」と言っているかのようだ。
その様子を見て、えび母はかなり安心したわーい(嬉しい顔)

きくさんが子供に興味を示さず、育児放棄をされることを一番恐れていたから・・・
やっぱり任せて良かった揺れるハート

そして初乳。ちゃんと飲んでいる。mei-2.JPG

右側のちょっと色黒なのが第二子かわいい


きくさん 第二子  2月21日(土) 0:25  230g 無事誕生ぴかぴか(新しい)
「A−DAISY(デイジー)」= メイちゃん誕生であるぴかぴか(新しい)
 
 デイジーは「小菊ちゃん」
 やっぱりきくさんの子供だから

 ひらめきこのブログを見てくれているメイちゃんママへ
   血統書は第一子が産まれた日を登録することになっているけど
   本当はメイちゃんが産まれたのは2月21日土曜日なんですよ。
   メイちゃん出生の秘密でした顔(イヒヒ)

 
  メイちゃんの方がお顔部分も黒系です。
    CIMG0122.JPG 右がメイちゃん 左がはな様


   写真はクリックすると大きくなるよ。
続きを読む
ニックネーム えびちゃん at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

いよいよその時が!!

2年前の2月20日 

ソファに座るえび母の隣でくつろいでいたきくさんが、
身体の筋肉を伸び縮みさせるような、突っ張るような
今までに見たことのない動きを始めた。

「んっ?!」陣痛か〜〜?! 「こりゃ絶対陣痛だぁ〜!!」

ブリーダーさんと獣医さんに陣痛が始まったことを電話で連絡。
獣医さんは24時間営業ではないけど、お当番の先生がケータイを持って
いつでも連絡が取れる体制をとっていてくれることになっていたの。

通常1〜2時間後に産まれるらしい。

えび母はきくさんの腰をさするくらいのことしか出来ない。
がんばれ、きく!!


いよいよ呼吸も荒くなり、お腹の収縮もすごい!
呻いたり、ヒィ〜ンなんて声ひとつたてず、
かといってウ〜ンッなんて思い切り力んでる様子もないけれど・・・・
きくさんのお尻を見てみたら・・・・

水風船に羊かんを詰め込んだようなようなものが出てきてるぅぅぅぅぅぅぅexclamation×2
「出てきたよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
と思っていたら、ツルンとあっさり産まれ出たぴかぴか(新しい)

ツルンツルンの黒い塊。
「きく舐めなさ〜い!」
「そうだ!膜を破ってあげないと呼吸ができない?!」
きくさん舐めてはいるけど、ちっとも膜は破れない。
「まさかこのまま食べちゃったりしないよな〜????」
もう見ていられなくなったえび母、勇気を出して介助に入ります!

黒くていかにも硬そうな膜。
ちょっと力入れて破ってみたら・・・・
実はすご〜く薄い膜だったのねたらーっ(汗)
黒いのは、中の赤ちゃんだったのだがく〜(落胆した顔)

この間にリーダーはブリーダーさんに電話して
大きな声で「産まれましたぁぁぁぁぁぁ〜〜!!!!!」なんて叫んでるし顔(汗)

えび母必死でへその緒処理。
ブリーダーさんの指示でお湯を沸かして産湯に浸からせて
ドライヤーで乾かして・・・・

「とにかく初乳を一刻も早く飲んでもらわなきゃ!」
なぜかそう思い込んでいるえび母は、1分1秒を争う気持ちで焦る焦るあせあせ(飛び散る汗)
危うく頭からお湯にくぐらせようとしちゃうほどの大焦りあせあせ(飛び散る汗)


なんとかすべてのことをクリアして、ようやくきくさんのおっぱいへぴかぴか(新しい)

mei-1.JPG

きくさん 第一子 22:00 235g 無事誕生ぴかぴか(新しい)
「A−IRIS(アイリス)」= はな様誕生であるぴかぴか(新しい)

  アイリスは「あやめちゃん」
  えび母の実家では毎年6月「あやめ祭り」が開催されるるんるん

きく〜、あやめちゃんだよ〜顔(メロメロ)hana-1.JPG





続きを読む
ニックネーム えびちゃん at 01:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

出産まで

今さらだが、我が家は共働きである。

きくさんを迎えた頃は、きくさんだけいてくれたらそれで十分幸せだった黒ハート
だから出産なんて考えもせず、
2頭も飼うなんて我が家にはあり得ないことだった。

ただ、いつも独りで留守番をさせていることが、いつでも申し訳なくて・・・
「きくさんは我が家の子になって幸せだったかなぁ〜」って
思うこともあったりして・・・

きくさんの2回目のヒートを終えた頃、
「きくさんの子供が欲しいなぁ・・・」
「2頭のお留守番なら寂しくないかな・・・」なんて考えるようになった。

それでも、共働きで出産や子育てなんて果たして大丈夫なのか・・・
次のヒートまで約6ヶ月、悩みに悩んだ。
それと、いつも甘えん坊で子供みたいなきくさんが
急に大人になっちゃったりしたら寂しいし・・・そう思ったのも事実顔(ペロッ)
心配性のえび母は、最期まで結論が出ないまま、
リーダーの「きくさんの子供が欲しいexclamation×2」の勢いに押される形で
ブリーダーさんとのお婿さん探しに突入していったのである。


続きを読む
ニックネーム えびちゃん at 02:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

チョコくんに会いたいな〜

無事にぴよ太郎くんが家族の元に帰ることができて本当に良かった。


実はえび母も、会いたい子がいます。

名前は「チョコくん」登録名は「A-MAPLE 〜メープル〜」
 カナダのメープルシロップができるメープルの木。
 そんな風に大きくすくすく育ってほしいと思ってつけた名前。

2004年2月20日生まれのMダックス(チョコ&タン)の男の子。
そう! きくさんの末っ子。ごん太くんの弟です。

   c-1.JPG 産まれたての4匹!

一番手前がチョコくん。
産まれたばかりなのに、毛拭きが良い!
きっと将来はきれいな毛並みのハンサムくんになるに違いない黒ハート

c-2.JPG すごくクリクリしてるのわかるかしら?!

お目目が開いたよ!
やっぱりかわいい〜黒ハート

c-3.JPG


いろんな事情で、チョコくんだけはブリーダーさんからのご縁で
知らない方のところへ行っちゃったのです。

「チョコタンの男の子を欲しがっている人がいる」というお話でした。
正直えび母は、この話を頂いてから1週間、
どうしようかと、寝ても覚めてもこのことばかり考えていました。

こっそり打ち明けちゃうと、実はえび母、
チョコくんが一番好きだったのです顔(メロメロ)
もちろんどの子も可愛くて、本当は順序なんてつけちゃいけないけど
チョコくんは、一番、人間が好きな子だったのです。
歩き始めて兄弟で遊ぶようになっても、
遊び疲れると必ずえび母のそばに寄ってきます。
「抱いて〜」とばかりに、足をよじ登ろうとするのです。
チョコくんは、一番えび母の膝の上で寝ていました。

そんな、人懐こいチョコくんを知らない人のところに行かせるなんて!

しかも小学生のお子様のいるお家だとか。
かなりの偏見かもしれませんが、「子供が欲しがる」という理由が、
「本当に大切に育ててもらえるのだろうか・・・」と
不安に思えてしまうのでした。

でも、その子が何回かお店に来て、ワンちゃんのフン
自分で片付けるという練習をしていると聞きました。
ワンちゃんを飼うために、お母さんとの約束を守っているとも・・・
そこまで思ってくれるのなら、
きっと大切にしてくれる。きっと可愛がってくれる。
そう思って、そのお話を受けることに決めました。

決めてもなお、お渡しする日まで気持ちは不安でいっぱいでした。
さびしくてさびしくてたまりませんでした。
目の届かないところに出してしまうことが、チョコくんに対して
申し訳なくて、辛かった。

ブリーダーさんを通してお渡ししたのですが、
前日にさんざん泣いたにもかかわらず、
ブリーダーさんのところでも涙が出て止まりませんでした。
ブリーダーさんが
「えひ母の気持ちを伝えておくよ」って言ってくれました。

えび母は、こんな気持ちを二度と味わいたくなくて
二度と出産はさせない!って思ってしまいました。


チョコくんの飼い主さんは横浜近郊にお住まいです。
始めのうちは「チョコくん元気だった?」なんて
聞いたりもしていたけど、最近はあんまり来られないようで
「元気かなぁ〜どうしてるかな〜?」って
ときどき思ったりしています。

あんまり心配しているのはチョコくんの飼い主さんに
かなり失礼かもしれないけど、
やっぱり会いたいなぁ〜!!って、正直思っちゃったりします。

ブログを始めて、なおさら「チョコくんのブログないかしら〜?!」
なんて、誕生日を確認しちゃったりします・・・

絶対、元気で幸せなはずのチョコくん。
えび母はチョコくんに会いたいよ〜〜〜犬(笑)

えび母お気に入りの写真です黒ハート

c-4.JPG c-3.JPG
c-7.JPG c-8.JPG

強くて優しいチョコくんは、女の子をいじめません!
ガウガウ相手はたいがいごん太くん。
でも・・・本当はお姉ちゃん達がこわかったのかな顔(イヒヒ)
c-9.JPG

これが最後の集合写真四葉

c-5.JPG 一番左がチョコくんです


写真はクリックするとちょっと大きくなるよー♪






ニックネーム えびちゃん at 04:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

出産に備えて

見て、この産箱顔(泣)

ブリーダーさんにアドバイスを受けて作った産箱。
大きいケージを2つ連結させて
手前にトイレとくつろぎエリアもあるんだけど・・・

きっと、このころブログをしていたら
もうちょっと見てくれ良くつくったんじゃないかなぁ〜たらーっ(汗)
と、今さら思ってみたりして・・・顔(汗)

でも、きくさんは意外に気に入ってくれたみたいでしたるんるん

きくさん、どう?
きく) ん〜?!
CIMG0027.JPG

CIMG0030.JPG きく)まぁ、いんじゃない?!


ブリーダーさんにへその緒の処理の仕方や胎盤を食べさせるとか・・・
こと細かく教えてもらったりしてるうち、えび母弱気になったり・・・
だって・・・へその緒切ったりなんて、ちょっと怖いじゃんたらーっ(汗)
 
 えび)獣医さんって出産させてくれないかなぁ・・・顔(泣)
 
産箱のほかには
 「カンシ・木綿糸・はさみは全部煮沸消毒ね!」
 「哺乳瓶にミルク、体重計、タオル、新聞紙、ドライヤー」
いよいよ本格的〜!!

犬のお産って結構大変なのね〜・・・なんて改めて思っていると、
ブリーダーさんたら
 「子供産みっぱなしで何もしない子もいるからね〜」
 「結構いるのよ〜、全然子育てしないどころかミルクもあげない子」
 「きくちゃんがもしそーだったら、2時間おきにミルクあげて」

頼むよ〜きくさ〜ん
子育てだけは絶対放棄しないでくれよ〜あせあせ(飛び散る汗)

こればかりはその子の性格によるから、初めての子は産んでみなきゃ
どーなるか見当もつかないらしい。

出産が近づくにつれ、日々緊張感がましていくえび母なのでした。
 



ニックネーム えびちゃん at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

2年前のきくさん

もうすぐ、ごん太くん・はな様・めいちゃん・チョコくんの
お誕生日がやってきます。

それは「きくさんが今までで一番がんばった日」でもあります。

きくさんの出産は、考えて考えて、悩んで悩んで
ようやく決断したことでもあります。

2年前は、今のようにブログやホームページに
ダックスの出産なんてほとんどなくてね。
獣医さんやブリーダーさんに指導やアドバイスをいっぱい受けて、
出産の本買い込んで・・・
そんな中で、Mダックスの出産・育児記録をHPにものすごく
細かく書いてくれていた方が一人だけいらして、
そのHPを何十枚ってほどプリントアウトして
我が家のバイブルみたいなものでした。

そんなことをしていたのが2年前。
2月になるとその頃のことをいろいろ思い出しちゃうんだよね。

あの頃、こんな風にブログってものがあったらなぁ〜。
って、ちょっと悔しいもうやだ〜(悲しい顔)

だから、今月は「えび母回想録」も時々のせちゃおうっと・・・

第1弾は・・・こんな写真!!

   CIMG0020.JPG きくさん出産4日前。

お腹の中には4つの命ぴかぴか(新しい)
飲ませるお乳も準備万端です!

   CIMG0021.JPG




ニックネーム えびちゃん at 01:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 回想録〜出産・育児〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする